国家検定1級技能士とは

国家検定1級技能士とは、実務経験7年以上の熟練者で、毎年1回行われる国家検定試験の1級を受験し、学科及び実技を共に合格した者です。   

また、1級技能士でない者が1級技能士という名称を用いた場合は、職業能力開発促進法の規定に基づき30万円以下の罰金に処せられる<厚生労働省ホームページより一部抜粋>ことがあります。

1級技能士には、厚生労働大臣<旧労働大臣>より1級技能検定合格証明書と1級技能士章が付与されます。

コメント (0件)


板金塗装の昭和オートリペア
https://www.bankin-tosou.jp/article.php/1-ginoshi